婦人

離婚相談なら法律のプロを頼ろう【冷静かつ慎重に】

算定基準の相場を知る

説明

生活をしていく中で、夫婦仲がこじれることもあります。衣食住を共にするパートナーと分かり合えない場合、離婚を選択することもあります。離婚が決まったら、当人同士だけではなく、弁護士も同席させて慰謝料や財産分与の配分は話し合いましょう。夫婦によっては、お互い冷静で話し合えない場合もあるでしょう。客観性に欠けた状態では、一向に手続きを進めることができません。弁護士を介入させることで、冷静に話し合うことができます。また、一方的に離婚を突き付けられた不利な状態なら、なおさら慰謝料を請求しましょう。慰謝料の請求は、パートナーの不貞行為や、DVなど相手に非がある場合に請求することができます。慰謝料を請求する為にも、専門家によるアドバイスは必須です。一人で悩んでも解決できない時は、協力してもらいましょう。

離婚問題を弁護士に相談する時は、ワンストップ型で取り組んでいる事務所を選ぶことをおすすめします。ワンストップ型なら、相談からプランニング、交渉や書類の申請など担当者が一貫して行なってくれます。毎回違うスタッフが対応すると、依頼内容の把握を共有できていない場合もあります、ワンストップ型ならスムーズに話を進めることができる上に、必要以上に自分のプライバシーを話す必要もなくなります。最近では、女性だけで構成された法律事務も存在しています。異性が相手だと、緊張してしまい相談が進まないという方もいます。また、DV被害に合った方だと、面談そのものを受け付けない場合もあるでしょう。その様なことが無い様に、女性スタッフが親切で丁寧な対応を行なってくれます。