婦人

離婚相談なら法律のプロを頼ろう【冷静かつ慎重に】

財産管理に役立つ

法律

親が認知症になった場合、貯金の使い方や財産の管理手続きが心配になります。安心して管理したいなら、成年後見の手続きを行ないましょう。弁護士や司法書士に相談すれば、難しい申請も楽です。身内であっても、本人以外が預金をおろしたり、解約したりすることは難しいでしょう。もしもの自体に備えて成年後見の手続きを行なっていれば、不要な使い込みを防ぐこともできますし、詐欺によるトラブルから財産を守ることもできます。

成年後見の手続きは、家庭裁判所で申請します。申請して認証されるまでに掛かる時間は1ヶ月から2ヶ月程度になります。自分で必要書類を作成して提出した場合、不備があると却下されこれ以上に時間が掛かることもあります。急な事態に対応して成年後見の手続きを申請したいのであれば、専門家に依頼した方が確実ですし安心です。

安心した財産管理を行なう為に、誰を後見人にしようか迷う方もいるでしょう。その様なお悩みも、専門家が相談にのってくれます。基本的には、血縁者を成年後見に申請する方が多いです。兄弟や子供、孫を成年後見にすると、しっかりと依頼者の意思を受け継いでくれる可能性が高いからです。もしも血縁者や該当する人物がいない場合は、司法書士が依頼者に代わって財産を管理してくれます。法律に熟知した専門家に大事な財産を管理してもらうことで、安心して老後に備えることができます。どの様な仕組みになっているのか知りたい時は、一度相談会に参加してみると良いでしょう。